ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです

ニュースタンダートは食とおもてなしの街「博多」の小さな店舗デザイン事務所です。店舗の企画デザインから販促ツール制作まで、オーナーさまの店舗づくりを精一杯お手伝いします。

博多っ子熱血純情ブログ

料金早見表


ひさしぶりに食べました。
写真を見れば分かる人には分かる絶品ラーメン。
(この時は席がはじっこだったのでしっかり写真とれました)
ここは取材拒否で有名なお店です。
そして私はここのラーメン信者なので
あえてブロブで店名をあげたりしない
大将に対して片思いの心づかいをしております。
そんな話はさておき
いつも気になっていることがあります。
ここのラーメン店には手書きで
表組された料金早見表が貼ってあるんです。
1杯=500円
2杯=1000円
3杯=1500円
とこんな風に書かれて20杯=15000円まで表記してあります。
しかしこの店の座席は10席ほどしかないので
20杯とか注文することは物理的に不可能なはず???
ん?不思議だと毎回思っておりましたが
昨日自分なりの答えをさぐりあてました。
実はここのお店にはラーメンお持ちかえりというサービスがあります。
スープをペットボトルにいれてくれ
ゆがく前の麺とネギとシナチクとチャーシューをパックにつめてくれます。
私も当然何度か利用させてもらったこともあるし
友人の誕生日プレゼントに送ったこともあるほどです(笑
ほんと家庭でもお店そのままの味が楽しめサイコーです。
んでひらめきました。
そうか!!
お持ち帰りは座席に関係なく
20杯でも30杯でも大口の注文を受けることができるので
その時の料金早見表なんだと。
たぶんその為につくられたんだろうが
大将にそのことを聞くなんて恐ろしくて出来ません。
しかし早見表を使ってる姿を一度もみたことないのは
500円のかけ算は単純なので、きっと見る必要がないんでしょうね(笑
こんなどうでもいいことを書くぐらい
ここのラーメンの味にほれ込み、通いはじめてもう20年になりますよ。
20年変わらぬ愛される味。
ずっと継続してもらいたいもんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メールフォームはこちら